頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

圧倒的な成果

Ama Dablam, Himalaya, Mountain, Peak, Nepal, Summit

・花火ように綺麗だが、散ると寂しい気持ちになる。

きょうはがんばった。けれど、報われなかった。しかし冷静になってみれば、当たり前なのかもしれない。それくらい大きいものに対して、挑んでいる自分がいたし、期待しているようだった。報われようとするものが、”今の自分”にとっては大きすぎた。

しかしそれでいいのである。「失敗とは、うまくいかないと分かった成功」ということばを、ACミランで10番をつけた日本人が言ってたな。今のようすでは、うまくいかないということが分かった、という点で成功なのである。きっとね。

There is no other reason. 自分が報われるかどうか、それは圧倒的な成果を残すかどうか。有無を言わせないくらいのもの。自分が欲しいものを手に入れるには、”ひとが文句を言えないほどの結果”がなければと感じた1ヶ月。

到達するには、はるかに険しい山の頂に向かう。その頂についた自分は、きっと入社する前に憧れていた世界にいる。そこに挑むだけの条件は揃っているから、多くのシェルパといっしょに、道をすすむ。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。いま、山の目の前まで来た。