頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

新たな関わりあい

woman ironing clothes

「ひととのつながり」とかいう、普遍的なテーマについて。

帰り道によく寄るラーメン屋がある。そこは500円で替え玉ができて、そこそこおいしい。東京に来てから、そしてオフィスに通うようになってから、週に2回は行くようになった。すると店主が、僕のことを覚えてくれるようになったのである。「ラーメン、きくらげ抜きね!」

東京に来てからコロナがあって、外に出る機会が一気に減った。その少ないなかで、数少ない「ひととのつながり」。いままでなら、当たり前だと思っていたのかな。そう思うほど、”外部のヒト”と濃く関わることを避けている。会社の中でしか、関わりが深くならない。

親に会う機会が減るほどに、親との関わりが大切だと思う。そんなふうに機会を失うほど、関わりの重要性を知る。月並みだが「失って気づくもの」の1つであって、失ってはならないほどに大切なものなのだ。電子的なフィルム1枚挟むだけで、ひとの温かみが消えていく気がするから、数少ない生の関わりあいをもっと大事にしようかな。

ラーメン屋、植物屋。半年経って、会社外での新たな関わりあいは、それくらいしかない。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。