頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

友だちと新たな関係を築く。

buildings near tree
・友達がどんどんと社会に出ていく。

当然だが、学生時代に出会った友だちが、高校、大学を卒業した。そして、社会人になるわけである。すると自分の生活の一部を、友だちが担ってくれることがあるのだ。たとえばあるひとは、東京で美容師をする。そしていま、定期的にぼくの髪を切ってくれる。そうやってお金を払い、また貰う関係になれたことが素直に嬉しい。

それは学生時代の関係より、高度な関係だと思う。言い換えれば、プロフェッショナルな関係だ。お金を対価として払うのは、その対象となるプロダクトやサービスがそれ相応の価値を持っていなければならない。それが定期的になるならば、より一層その価値が求められるのである。

学生の頃は、関係に一切の金銭がなかった。それは自由でもあった一方で、友人的な感関係そのものだった。それが今は異なる。新たな関係を築けた気がしているのだが、その感覚に悪い気はしていない。きっとその新たな関係の友だちが増えていくほど、関係性もより深みを増すのだと思う。特に、一緒にビシネスをする場合は、どうなのかな。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。明日は寝坊しないように、早く寝ようね。