頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

1年目の働きかた

brown and white ice cream

・同期が言っていたことが、かなり大事だと思ったので残しておく。

あるひとは社会人1年目なのだが、最近仕事を終える時間が早くなっていた。今までは一番はやくオフィスに来ていたし、最後まで残っていた。どうしてだろうと思って、聞く。するとそのひとは、こう言った。「1年目で与えられる仕事って、会社で1番少ないんだよ。なのにずーっと残って働いてたら、この先仕事捌けなくなると思った」

そのときに他のひとが言っていた「タスクは一生増える」という言葉が頭によぎる。タスクは年次を重ねるごとに、責任と共に増えていくのである。当然、仕事量に比例して必要な時間は増えるから、効率よく仕事をすることが求められる。だからこそ”本当ははやく帰れる程度”の「1年目の仕事量」なら、はやく帰っておいたほうがいいのだ。

だいたい朝の8時過ぎには出社して、夜の10時ぐらいまではたらく。そうやって働いているけど、無駄があるのだろうね。そう思って「午後8時までには帰る」と決めたら、意外と時間内に終わるものだった。1年目の働きかたは、今後の働きかたを見据えたものではなければならない。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。