頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

また見ぬトーキョー

boats on body of water

ふと、自分の視野が狭くなっていることに気づく瞬間がある。

今日、中目黒から代官山にかけて歩いた。そもそもそのエリアがどういったところか、というのを知らなかった。けれど歩いていくうちに、余裕のある人々の生活が営まれているところだと知った。

ぼくは、この場所が「トーキョー」なのだと思った。もちろんトレンドの発信地である渋谷や原宿や、下町である浅草や月島のような場所。それらも「トーキョー」であるのだが、中目黒や代官山のような余裕溢れるひとの生活地も「トーキョー」なのだ。

それは、新たな顔を知ったような感覚だ。「トーキョー」をトレンドの発信地と下町の2点で捉えていた感覚があったからである。でも、ほんとうはそうじゃないでしょう。視野が狭くなると、自分の常識の中で捉えようとする。しかし真実というのは、自分の思考(または常識)だけでは捉えきれないものだと思う。

まだ見ぬトーキョーを知りたいし、そのために休日を過ごせるのは有意義なことだ。ぼくは、どういうわけか銀座にいて、コンサルの会社で働いている。日々の中で、限られた世界に閉じこもりがちだけど、視野を広げて歩こうと思った。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。 もんじゃ焼きは好きです。