頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

「どうでもいい」と「どうなるのだろう?」がトークには共存する

Car, Convertible, Mazda, Mx5, Small, Sports Car

・話を聞くときのマナー。

どんなことを話すにしろ、聞き手がいる以上は、話を聞いてもらいたいと思う。それが「ちょっと聞いてよ!」というときであれば、なおさらね。「ちょっと聞いて!」という想いは、言葉に出していなくたっても。

だけれども、もちろんすべての話が聞いてもらえるとは限らない。「話聞いてよ!」と言ったとしても、相手が「おまえの話、おもんないんやもん」と言ったとしたら。実際話を聞いてもらえないのは、おもしろくない可能性だって大いにある。

だからと言って「話を聞く姿勢を作れないこと」は、社会人としてイケていないと思う。というのも、ひとが話す内容のたいていは「どうでも良い」と思ってしまうものだ。その想いを皆が心に秘めながら、社会を円滑に営むために話を聞く。

ただぼくが加えて思うのは、「どうでもいい」と感じることには、よくよく聞くと「どうなるのだろう?」と興味を持てるポイントがある。その興味を持とうとするだけで、たのしみが生まれ話を聞こうと思える。

話をする側は相手の時間を大切に、面白い話をするよう心がけるべきだ。それと同じように、話を聞く側もマナーとして意識すべきことがある。「おもしろくない話だから、聞かない」のではなく、「どうなるのだろう?」と興味を持ってみる。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。