頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

関西人としての責任

man and woman walking on concrete walkway

・関西人というだけで、なにか責任があるよな…気がする。

会社の先輩に、飲みに連れていってもらうこと。飲み会というのは、仕事で関わるよりも分かりやすく人間性が出ると思う。かまってほしいとか、ボケたいひと。そういうひとが周りには多くて、みんな社交的だなあとか、人が好きなんだと感じる。そんなひとたちに対してツッコむとなると、難しいとしばしば思う。

とはいえツッコミというのは、ボケたいひとから喜ばれるので、やりがいもある。たとえば大勢の先輩と話をしていて、スカッと突っ込めたとしよう。「ありがとう」と感謝されることすらある。それはボケというものの性質が「単独」で存在するより、ツッコミと「共存」するほうが、締まったメッセージになるからだと思う。

バラエティを見ていても、お笑いにはツッコミが必要で、ツッコミがボケの総量を増やして行く役割なのだと思っている。特に1年目の新人という立場である以上、仕事では貢献しづらい。だからコミュニケーションで、なんとか力になりたいと思う。自分のブランディングの問題かもしれないが、関西人である以上、ツッコまないといけないという感情が生まれている。

 

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。