頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

悲しい世界

・会社ではたらいていると、「しょうがないこと」がたくさんある。

たとえば問題があったとして、その問題が起こったのは「しょうがないこと」だと思う。いや、見ているひとのなかには、その問題は防げたのではないか、と思うひとがいるかもしれない。

「しょうがない」と思わずに、自分が「なんとかしよう」と思うこと。いわば、このふたつの想いは問題のタネと出会ったときの分岐点だよな。「しょうがない」と思えば気が楽なのだけど、問題になったらそれで、めんどくさい。

逆は、どうだろう。問題のタネを見つけたときに「なんとかしよう」と思う。これはこれで、問題に対処するわけだから力を使う。ときには「なんとかできない」問題だってあるよ。

なんとかする、と口で言うのは「しょうがない」と口で言うくらい簡単だと思う。しかし実際に「なんとかする」のは大変で。勇気も、責任も、溢れるほどのパワーを使うし、そう思うと「しょうがない」と片付けたほうが良さそうだ。

それでも自分にとっての問題のタネに、しょうがない、と言いたくないのなら、ほんとうになんとかするしかない。それができないのなら、その問題のタネがないところへ行くしかないね。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。そんな場所が、地球にあるのか、わからないけど。