頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

初心に戻る。「3年前の自分」にもどる。 #331

f:id:noad2203:20200501213353j:plain

ぼくは新しいものも好きだけど、古いものも、けっこう好きだ。今はたいへん便利な時代で、ネットをつなげば昔の映像を見られる。中学生のときに見たK-POPなんて、10年も前のものになった。しかしいつでも、どれでも無料で見れる。ぼくが生まれるまえの音楽だって、バラエティだって見られる。最近ふと、昔のもので残っているものは「新しいもの」より刺激的で、ないがしろにしたくないと思うようになっている。

自分が昔に学んだこと、というのも同じような気がする。今「新しく学んでいること」があれば、そればかり大切なように思えるけど、もっと前に学んだことのほうが大切だったりする。それは「ぼく」という人間にとって本質的な学びであり、早い段階で与えられていたと言えるかもしれない。社会人になってフィードバックされることが、以前にも指摘された内容のこともある。

そういうこともあって「3年前の自分」が得た学びを振り返ると、今でも役立つことばかりなのだ。3年前というのは休学をして、はじめてインターンをしたタイミングだった。「職務経験のはじまり」は今ではなく、間違いなく3年前なのである。「都合の悪いことを言ってくれる大人は信頼して良い」とか「やりたくない仕事をどうやって、やりたいと思えるのか考える」なんてさ、間違いなく今の自分にも生きる学びなのだ。

ーー「初心に戻る」という初心を、2017年のことだと明確に表せているのは何よりである。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。