頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

ギスギスしている相手に「ありがとう」って言いたい。 #318

f:id:noad2203:20200419001123j:plain

2011年に起きた大震災のときに、ずっと流れていたCMを思い出した。「あいさつの魔法。」という、ACジャパンという団体により製作され、放映されていたもの。あのときに初めて大地震を経験し、津波原発事故で多くの被害があること知った。先が見えず真っ暗なニュースばかりで、CMをみれば「ポポポポーン」と明るいサウンドとともに、子供向けのキャラクターが楽しそうにしている。そのギャップこそがリアルな生活での不安を強調させ、強い印象を与えていた。

今、あのCMを見てみると、改めて当時の不安が蘇る。そして2020年、新型コロナウイルス感染症という「大災害」と妙にリンクした。あのときも、こんなふうだったから。いつおさまるか、分からない。結果的にあの大震災は「2011年のもの」と頭のなかで整理されているけれど、当時はいつまで続くのだろうと不安だった。10年ほど時が経ち、SNSを通してあらゆる創作物へのフィードバックが可能になる。そうした状況で、あのようなCMが、ぼくたちの目に現れることはないのかもしれない。

とはいえ、あのCMが意図していた「あいさつの魔法。」という本来のメッセージは、僕にとってポジティブなものでもあった。あいさつを含めた「ことば」のもつ力が、いかに人の心を動かすのか。それを初めて感じたという意味では、貴重な原体験なのだ。

こんにちわ(こんにちワン)
ありがとう(ありがとウサギ)
こんばんわ(こんばんワニ)
さよなら(さよなライオン)
魔法の言葉で楽しい仲間が
ぽぽぽぽ~ん

最近だと「ありがとう」と伝えること。「ありがとう」は、あなたと良い関係でいたい、という意思表示なのだ。おそらくギスギスしていると、言いたくない言葉ランキングの1位でもある。だからこそ、伝えてみる。すると関係が悪いひとであっても、良くしたいなあと思えてくる。関係が良いひととは、ずっと良くありたいなあと思える。そんな魔法を持つ気がしている。

「ことば」は、人間関係の灯火として僕らを照らす。ずっと大切にしたいものだなあ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、「ありがとう」ございました。