頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

リモートワークくん #301

f:id:noad2203:20200401221946j:plain

・もう高校生とは言わせないぞ、と少しはりきった様子でいる自分。そんな姿が可愛らしく見えるほど、はやく、時は過ぎていく。あっという間に卒業して、社会人になった。例のウイルスの影響で、僕の入社した会社ではすべての同期が集まることはない。大阪で勤務するひとは大阪にいるまま、東京でも出社したオフィスにて、いくつかの部屋に分かれる取り組みがされていた。

いわゆる「リモートーワーク」として、それぞれの会場をオンラインでつなぎ研修が進む。すると大変便利なことに、映像と音声は滞りなく流れ続けた。そうして研修が2〜3時間も続けば、僕はわざわざ東京のオフィスに出社する意味を見出せなくなっていた。きっと必要なモノさえもらえば、”オンライン”で家にいながら説明を聞いたって問題ないんじゃないか。

しかしよくよく考えてみると、それは違うらしい。というのも「家にいながら働く」なんてことは、高度な精神と技術が必要だ。会社とは違い、家には邪魔モノがたくさんある。一人暮らしならまだしも、実家なら……そんなことを、新卒の初日からできるものでしょうか。「今日はサボっていいよ」と言ってあげるわけでもなく、在宅勤務をさせるなんて無責任極まりないのである。

高度な精神と技術が伴えば、在宅勤務もアリだ。ただ少なからず組織人事の会社に勤めているわけで、組織の中に自分を見出したいもの。それこそが手っ取り早く「社会」と関わる手段であり、いま求めていることである。例のウイルスのおかげで、ますます組織で働きたいと思った。ありがとう。