頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

「おんなじ方法じゃ勝てないな」という想い。#287

f:id:noad2203:20200318215154j:image

・上司だったひとで、いまも変わらず尊敬しているひとがnoteを更新し始めた。以前にも更新していたのだけど、ある日パタリと止まったことがある。またある日、更新は続いたもののパタリと止まる。その繰り返しが何度かあった。

その上司だったひとの文章を見るたびに、ぼくは感心してしまう。感情や出来事を表現するワードセンスはもちろん、聞き手がその様子をイメージできるほど具体的に書かれている。だからいつも、「勝てないなあ」と思ってしまう。

実はその方は、ぼくにライティングを教えてくれたひとだ。年もすこし離れているし、勝てなくても仕方ないのかもしれない。ただし、ひとりの文章が好きな人間として、いつかは彼のように、いやそれ以上の文章を書きたいと思っている。そうした考えを温めていると、「おんなじ方法じゃ勝てないなあ」と感じてしまった。

「おんなじ方法じゃ勝てない」という想いは彼に対してだけでなく、ほかの人にも抱くことがある。それは今までの自分が積み重ねてきた「勝ちパターン」に必要な考えだともいえる。いままで成果を上げることを目的として、壁にぶち当たるたびに試行錯誤した。そんなときにいつも、まわりと同じではなく、自分なりの方法を導き出して乗り越えていた。

就職活動で、海外インターンをしたこと。グローバル人材になるため、アジアに焦点を当て理解を深めたこと。そんなふうにライティングだって、みんなが取らない選択を通して自分を輝かせれるんじゃないか。たぶん、いつもなにかを真剣に取り組むときは「おんなじ方法じゃ勝てないな」という想いからはじまる。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。