頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

未来は、ぼくらの手の中だ。 #282

f:id:noad2203:20200314011136j:image

・カタカタと揺られながら、この日記のようなものを書いてます。

スリランカでの旅行を満喫しようと、躍起になっているかもしれない。いろいろな都市を、縦横無尽に訪問する予定だ。今日はというと、最北であるジェフナという街にやってきている。そこはガイドブックに載っていないところで、到着まで9時間かかった。

まるでお笑い芸人が、話のネタになりしうな「きっかけ」を探すように。ぼくは、おもしろそうなことに乗り込んでいる。カレーを手で食べたし、高校生とクリケットもした。そうやって、インドに行けなくなったぶんを取り返そうとしている。

2020年に社会人になるひとをオリンピック世代と呼ぶと思っていたが、このままいけば"コロナ世代"と揶揄されそうだ。オリンピックの恩恵は全く、華々しさとは遠い「茨の道」が待ってるんじゃないか。それでも期待していた恩恵のぶんを、躍起になって取り返したい。それはインドのぶん、スリランカを楽しもうとする要領でフルスロットルでいく。未来は、ぼくらの手の中だ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。