頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

現状を肯定的に受容するか、イノベイティヴするか #267

f:id:noad2203:20200228010215j:image

ここにきて、どんどんと変わってきている。残念ながら、全国の学校が休校になりそうだし、就職活動の合同説明会も中止、ライブだって試験だって取りやめている。ぼくもあるはずった入社式が、自粛になるという連絡がきた。採用責任者の真剣な思考や、組織としての丁寧な段取りが無駄になった気がして、思わず悲しくなっている。

「中止、取りやめ、自粛」。こんな状況を、非常事態だと言わずになんというのだろう。参加者からすれば悲しいし、作り手からすれば虚しい。明るい未来のために、感染拡大を防ごうとするアイデアである。分かってはいても、明るい未来はすぐに感じられないから、もどかしい。

圧倒的にネガティブな状況に陥ったとき、打破する施作が2つあるんじゃないか。それは、その現状を肯定的に受容するか、イノベイティヴするかだ。前者は短期的で、後者は長期的になる。そして実行可能性は、前者が高いのに対し、後者は低い。

現状を肯定的に受容すれば、それだけでネガティブな状況が変わり始める。単純なことだけど、あまりにも深刻にとらえているひとには、できない。決して「楽観的」ではなく、状況を良くするために必要な広い視野を持つ。

今回の場合、問題が医療分野であるし、専門家でも意見が分かれるほど複雑だから、イノベイティヴするのはむつかしい。ひとりの国民として、大きな組織が決めたコトに落ち込んでばかりでなく、その状況を肯定して、自分がすべきことを正確に捉えようと思った。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。