頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

なぜ、ネパールに行くのか。

f:id:noad2203:20200202223720j:image

ネパールに行く。そう決めて、数日が経った。なぜ、ネパールなのか。「最貧国」のようすを知りたいから?、「バックパッカーの聖地」の一つだから?いいや、ぼくは「山に登る」から、ネパールに行くと決めた。

3月の頭から終わりにかけて、友だちと卒業旅行をする、という話がずっと前から決まっていた。北インドを横断するから、ひとによっては、満足して社会人を迎えられるだろう。でもぼくは、なぜか、モヤモヤしていた。<これだけで、ほんとうに十分か。>モヤモヤが、この問いに対する「ノー」を意味することは、分かっていた。だからぼくは、ネパールに行く。

それで、それで、「山に登る」と言ったけど、なぜなのか。考えてみると、こうだ。「今までの自分が全く通用しない」状況で、自分をむき出しにし、新たな自分の一面を会得するため。つまり挑戦よりも、もっとチャレンジなことをしたいからである。社会人であることは、きっと、本質的に挑戦の連続であるのだ。この"学生の終わり"という節目に挑戦し、困難を乗り越え、自信を持った状態で社会人になりたい。

ぼくにとって、山登りは未経験の境地である。小さい山を除けば、したことがない。だからこそ、ネパールにあるヒマラヤ山脈を、何日もかけて登るのだ。足が動かなくなるのはもちろん、高山病になるかもしれない。怖い。不安だ。でも、そんな状況に、あえて挑んでいく。だから、ぼくはネパールに行く。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。