頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

めんどくさいけど、おもしろそう #193

f:id:noad2203:20191215233719j:plain

ここ最近で、
起業家の著書を
いくつか読むことがあった。

その本を通して、
事業を成功させるまでの
具体的な苦労を知ることができたし、
また、カリスマと呼ばれる人たちの
人間らしい一面を感じられた。

世の中に大きな影響を
与えている起業家は、
仕事に打ち込んだ期間を経て、今がある。
「打ち込む」といっても、
没頭して、仕事以外に興味がなくなるレベル。
睡眠以外、仕事。

でも彼らの著書を読んでいると
決して仕事だけではなく、
過去に麻雀や囲碁、パソコンなど
「趣味」の範囲でも
没頭していたようである。

なにかに没頭することを、
口語では「ハマる」と
言い換えることができる。

ハマってしまえば、
めんどくさいけど、
やってみると
おもしろいコトを
実行する熱意が生まれるのだ。

これは、思いついても
やめてしまうほど
めんどくさいコト、でもである。
そんなコトを起業家は、
実際にしているのだと思った。

例えば、ネットバブルと呼ばれた
2000年代前後、
多くの人は「インターネット」が
ビジネスにおいて革命になると
分かっていたらしい。
しかし事業にするのが
めんどくさかったに違いない。

だからこそ、インターネットを
勉強したときに「ハマった」ひとが
成功したのだ。

めんどくさいけど
おもしろそうだから、やってみよう。

***

その上で、そのハマる期間を長くすることが、
「仕事に打ち込む」
というテーマでは大切。
飽きてしまう日は、
いつかくるから。

なににハマるかは
ひとによって違うだろうから、
いろんなことに挑戦してみようと思う。


今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
ずっとポカリ飲んでいたね。