頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

仲良いフリ #177

f:id:noad2203:20191129231435j:plain

ふと(内定者)が頭によぎり、
思ったことがある。

”仲良いフリをしていること”

一部の人を除いて、
3回くらいしか会ってないし、
年齢も住んでる場所も
ほとんど違う。

なのに内定者と
”仲が良い”と思ってた。
これは明らかに間違っている。
おそらく「仲良くあるべき」
というバイアスが存在した結果。

そもそも「仲良くあるべき」なのか。
そう自分に問うて見よう。
会社の言うとおり、
"結束を固める"べきではあるが、
必ずしも、仲良くあるべきではない。
「仲が良い」って
すべてのひとと、
なろうったって無理だし、
無理なひとと「仲良しこよし」しても、
言いたいことが言えなくなるだけ。

***

ほんとうに"仲が良い"ってのは、
ある意味、フラットな関係なんだと思う。

お酒を何杯か飲んで、
ふらっと立ち寄ったクラブ。
顔も名前も知らないけれど、
同じ曲が好きなときには
心が通じて
お互い微笑み、歌って踊る。
そんな感じに
フラットな関係でいたい。
リスペクトが心を包むだけ。
言いたいことも言えないなんて、
まるで毒を飲まされた
コナンくんみたいだ。

内定者の関係に限らず、
仲良くなろうとすると、
仲良くなりづらい。
ただリスペクトの気持ちを持って、
自分をさらけだす。
先輩も、後輩も、恋人も
振り返れば仲良くなってる。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
君は知ってるかい?踊らなXXことを。