頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

量より質 #175

f:id:noad2203:20191127234433j:plain

ランニングを毎日することを決めて、
1ヶ月以上が経った。
朝走るようにしていたのは
眠たくて、なにもやる気の出ない
午前中と別れを告げるため。
だけど、朝走るとなると
通勤ラッシュの社会人の方や
学生のみなさんたちが
たくさんいて、
「邪魔にならないように」と
気を使ってた。

その結果、夜に走る日も
増えたのだが、
夜に走ると
田舎だからなのか
人が少なくて走りやすい。

今日(11月27日)は
夜に走ったこともあって
長く走ってみたけれど、
とうとうあの感覚がやってきた。

***

僕はスポーツに限らず
なにか始めるときは、
まず型を知る。

例えば新しいゲームを始めるとき、
説明書を読む。
そのうえ頭の中でイメトレし、
プレイできるのが分かってから
ゲーム機に電源を入れるのだ。

ランニングを始めるときも同じ。
本屋に行って「走り方」も
勉強したものだ。

とはいっても、
「型」を自分のものにするのは
時間がかかる。
「理想の走り方」を習得するまで
ずっと意識しながら走るものの、
カラダが言うことを聞いてくれない。

だが今日、走りながら少し
「理想の走り方」に近づいた気がした。

***

「型」を習得する過程では、
こんな感じか?と
カラダと脳が気づく瞬間が
ある気がしてならない。
今回もそんな感じだ。

そこで思ったのは、
「量より質」
と言うけれど、
まずは質とはなにかを
知る必要があると思う。
量をこなした結果、
「質が良い」状態に気づける。
ある程度「良い走り方」を
意識しながら量をこなせば、
「良い走り方」という
質が分かる瞬間が来るのだ。

まずは量をこなす。
これって、
ランニングだけじゃないはずだ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
水色のビールより雪のような肌。