頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

長く続けていくために

f:id:noad2203:20191125000853j:plain

とある本によると
15日間ある相撲の本場所では、
プロとして美しいかたちの1つに
「8勝7敗」で
終えることがあるそうだ。

全勝するためには
無理をしないといけないらしく、
無理をするとケガをする。
ケガをすると、相撲ができなくなる。

「長く続けていくこと」を
プロとして考えると、
「8勝7敗」で
自分を守っていくくらいが、
ちょうど良いのだと言う。

「無理しなくてはならないとき」、
少なからず心身ともに
負担が増える。
「長く続ける」のがプロの責任だと
考えられるなら、
わざと自分から
転んでおくことも大切。
こう考えられるのは、
相撲の世界だけじゃない。

***

I don't wanna go to fast.
Nothing really lasts.

ずっと続くものなんて無いから、
早く行きたくない。

長く続くとはいっても、
いつか終わりはやって来る。
その終わりの瞬間までを
縮めるかどうかは、
自分が早く進んでしまうかどうか。
ゆっくり進めば、
あらかじめ決まった
終わりまでの時間は長くなる。

たとえば
大切なひととの関係や、
趣味のための時間。
”燃える想い”があったとしても。
長く続けていくために、
いったん、スピードを落としてみよう。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
本当の自分はたくさんいる。