頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

ごはんの上のパセリ #160

 

f:id:noad2203:20191112214204j:plain

決して得意ではないが、
僕はたまに料理をする。
今日は、ハンバーグを作った。
両親のお弁当に入れられるよう、
小さめのものも
いくつか作って。

ごはんを作るとき、
見栄えを意識すること。
それが自分なりの楽しみになる。

個人的に見栄えがグッと、
良くなると思うのはパセリ。
神戸の洋食屋だと、
ごはんは平べったいお皿に
薄く盛って、
パセリをふりかける。
ごはんの上だけじゃなく、
スープの上にも
ポテトの上にも。
一気に「美味しそう」が増す。

なくてもいいけど、
あったほうがいい。
そんなカテゴリの中でも、
パセリはトップクラスだ。

最近思うのは
「パートナーの存在」
というのも
なくてもいいけど、
あったほうがいい。

***

この場合
「なくてもいい」
というマインド、
その存在に依存していない
という意思表示。
決して蔑む意味を示さない。

ひとは、ひとに依存すべきではないから。
「自分は一人でも生きられる」
という自立の上で、
自分の求める幸せを得るために
パートナーが必要。

たとえば子供を授かって、
立派に育てたい。
これはどれだけ自立していても
自分ひとりでは、どうにもならない。
尊敬できるパートナーの
力を借りることで、
一緒に育めるものだろう。

「ごはんの上のパセリ」
とパートナーが
同じだと言うわけではないが、
ごはんの上に
”パートナー”が乗っていても、
グッと見栄えが
良くなるかもしれないね。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
料理好きキャラは、しんどいのでしません。