頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

キャリア支援するなら #158

f:id:noad2203:20191110215025j:plain

キャリア戦略に関する本を読んでいる。
本来なら就職活動をしているときに、
読むべき本だなあと思いつつも。

とある本にはこう書かれてあった。

キャリア戦略とは、
その人の目的達成のために、
その人が持っている特徴を認識として、
その特徴が強みに変わる
文脈を探して泳いで行く。
勝ち筋を考えるということだ。

なにか自分が達成したい目標を
達成するための手段として、
キャリアを形成していく。
その形成方法においては、
自分の才能や長所と呼ばれるものが
活きるようにすること。

このことを踏まえ
僕が大事だと思うのは、
「仕事はあくまで自己実現である」
と認識することだ。

しかし、そう認識するのは
大学生にとってむつかしい。
なぜならアルバイトという形で
就労体験を得た大学生は
「働く=お金を稼ぐ」
と感じてしまうから。

だからこそキャリア支援は
「そのひとのしたいこと」を
一緒に明らかにしたい。
決してその人が
「周りがしてほしいこと」
(例えばそのひとにお金を稼いでほしいとか)
のために、仕事を選ばぬように。

***

その本には、こうも書かれてあった。

自分がこれから踏み出す道の一歩が、
それなりに自分が考えた結果の
一歩であると思えた方が
自信を持って踏み出せる。
さまざまなことが起こって
後ろを振り返っても、
歩いてきた道に
自分自身が納得できるようになる。

つまるところキャリア戦略では、
自分で意思決定を続けることが重要になる。

「これって合ってるかな」と
正解を探してしまう姿勢をやめる。

実のところ就活中に、
僕自身が正解探しばかりしていた。
しかしこの時代には、
「これで良いんじゃないか」と
正解にする意志だけで
十分なのである。

もちろん「したいこと」を
仮説立てるだけでも
容易ではない。
だからこそ"キャリア支援"が
「そのひとのしたいこと」を
一緒に明らかにしたいよな。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
志を持てば人気取りの必要はない。