頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

ネタが、ねえ。 #150

f:id:noad2203:20191102231026j:plain

毎日、書きたいことを書き続けるのが
なかなか、むつかしい。
以前であれば、午後9時ごろに
投稿できていたのができない。

日記のようなものを書きはじめ、
150日が経った。
豊かだった資源も枯渇寸前で、
どう伝えたいのか?
より「伝えたいことはあるか?」という
”そもそも”の問いを投げる。
そんな自分とのやりとりが苦しく、
ブログを続ける意義を
あやふやにさせるし、
書けない自分に落ち込む。

ネタが、ねえ。

***

書けるネタはあるけど、
書きたいとは思わない。
強がっているようだが、
ほんとうにそうだ。

インターンで学んだことや、
文章術、英語学習法など
書けるネタならある。
ただ、それじゃあない。

文章を書く上では
自分が書きたいことを書く、
というのが大切になると信じている。

その一方で、
このブログは
・1日に1つ学びを得ること
・自分との約束を果たすこと
といった、いくつかの目的があり、
そのために継続する必要がある。

「書きたいこと」と「継続すること」の
バランスが釣り合わず、苦しい。

思うに継続する以上
「変化したい自分」
と向き合う時期はくる、誰でも。
いわゆるマンネリと、
どう付き合うかである。

僕の場合「書きたいこと」だった
”ことばの大切さ”を出来るだけ書かず、
新たに書きたいことがないか、探している。
つまり、マンネリを打破すると決めた。

今のところ分かっているのは
マンネリと向きあう時間は
成長痛のようなもので、
あって然るべきである。
そしてマンネリするほどのものは、
考える価値があることだ。

たしかに、ネタがない。
しかしその状況で多くの人が
「書きたいことは書いた」と
満足げな顔をして、ブログを閉じる。
僕はあえて「書きたいこと」を探す旅に出よう。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
アリアナ・グランデの声好き。