頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

命と引き換えにするほどの価値 #141

f:id:noad2203:20191024223356j:plain

作家の坂口安吾の言葉を借りれば、
「それを表現しないと、死ぬしかない」
というくらい追い詰められているのか、
という自分への問いかけが作家にないと、
本当にいい表現はできない。

とてものぼせた言い方ですが、
流行とかトレンドでなく、
服の持つ力を
自分が見せつけていかなければだめだと、
勝手に感じています。

  デザイナーの山本耀司が引用したことばと、
その上で彼が思っていること。
あまりに刺激の強い発言であるものの、
目指すべき姿勢として腑に落ちる。

***

2日前ほどに、内定先のひとから
聞いた話でも同じようなこと
「志にも程度がある」
と教示してもらった。

”志”、つまり
「しなければならないこと」とはいっても、
それを、死ぬほど実現したいのか?
逆説的に言えば、
それができなければ、死ねないのか?
というニュアンスの問いかけ。

僕は今のところ、
その志が実現できなくとも
生きていけるし、死ねる。
そんなものとして、捉えていた。
少し悲しかったけど、
そんなものでしょう?

”命と引き換えにするほどの価値”
そう感じられるのは、今じゃない。
「簡単なこと」ではなく
「大変なこと」だけど
やりがいにあふれいている、
そう思えること。
それを、これからも繰り返したうえで
「志として死ぬほど実現したい」と
思える日が来る。

今は、志と距離がありすぎる。
しかし、いずれは”さだめ”に
自分を捧げられる生業を得たい。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
秋は短い。飽きは身近い。