頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

ファッションロッカーになりたくない #125

f:id:noad2203:20191008225938j:plain

あばら骨の隙間がしびれる感覚。
ビリビリっと、貫通していく。

僕はロックな生き方をするひとが好き。
ミュージシャンに限らずね。
それでも、おかしなことに、
昔の人ばっかりだ。
ミュージシャンに限れば。

ロックな生き方をしたくない、
バンドマンが増えた?
そこそこいいバイトもあるし、
何をやっても食えちゃうから。
フリーターやりながら
小さい箱借りて歌えれば満足です、って
マッシュルームヘアをなびかせる。
ロックミュージシャンとしての覚悟は消え、
フリーターとしての自覚が生まれました。
「時代に乗ることが目的だ」
なんて言っているようにみえる。
おもしろい。

ロックっていうのは、
世の中のあらゆることに対する、
抵抗であり、挑戦であり、
独立を目指す行為じゃないか。
自分の力だけで、生きていくこと。

だから個性を早く見つけ、
自分にしかない価値を発揮し続けるべきだ。
そして、そのときに生まれる「自分らしさ」が
強い意志となり、自信になる。
「俺は本当はもっとすごいんだ」という"確信"。

ときには、くだらない同一的な方法のほうが、
「上手くいく」って分かっていても。
挑戦し続けなければならない。
それがロックである。
成功するより、独立することが目的だからこそ。

改めて、ミュージシャンに限らない。
僕はというと、
ファッションロッカーになりたくない。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
カゴの中の鳥は、
自由に羽ばたくことを忘れる。