頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

ミーハーフェスティバル #94

f:id:noad2203:20190907214316j:plain
時間をかけて準備し、
セミナーを開いた。
自分のしたかったこと
「海外インターンという選択肢に与える」
ということはできたらしい。
そう思うのは、アンケート結果を見たから。
考えすぎず、過ぎ行けば満足のいくものだった。

しかし、心にモヤモヤした想いがあるのは
なぜだろう。
と立ち止まって考えれば、分かる
「仲間と一緒によろこぶこと」
ができなかったからじゃないか。

働くことの本質に
「仲間と幸せを分かち合うのは楽しい」
というのがあって、
チームで動けば、働くことに限らない。

僕のしたことは、決して
仲間と一緒に喜べるものではなかった。
自分がしたかったことを、
ただ淡々とこなしたように、
その様子を一人ひとりの個人が
「よくやった!」と褒めることがあっても、
チームで分かち合えなかった、ひとつの幸せとして。

それらを踏まえて、学んだよ。
「1人でも多くの人を巻き込む」
ジブンゴトにしてもらえば、
分かち合える幸せ。
ミーハーということばが合うのかも。
ちょっとでいいから「その企画が好き」って。
思ってもらえるかどうか、
ジブンゴトの分かれ目になる。

まるで近所の祭りのように、
神輿の担いだり、焼きそばを作ったりしてほしい。
そうすれば、そこはミーハーフェスティバル。
「その人が参加してうれしいように」と
企画する側なら意識しつつ、多くの人を巻き込こもう。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
明日はカレーを食べる。それだけで最高の1日へ。