頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

都合よく「正直に」 #86

f:id:noad2203:20190830214019j:plain

正直にいうと、僕はしたくない
みたい感じ。
わざわざ「正直に」と枕詞につける。
それだけ、ホンネが言いづらい世の中ってことか。

ただ、そんな世の中のおかげで助かってる。
「正直に」とつけるからこそ、
「ああ、あなたはそう思ってるのね」と分かる。
ありがとう。
正直に言うよ、
僕にはあなたのことが分からない。

だからゆれるしかなかった。
けど今なら、あなたの気持ちを知ることができる。

***

正直者はバカにされる。
だからこそ
「正直でいることを、あたし自身も分かってます」
というポーズを、取らないといけない。
そういうめんどくささは、”日本”の文化なのかな。

ただ、そんな文化のおかげで、
得することは、前に述べたとおり。
悲しいことは、
”少しめんどくさいやりとり”
であること。

ーー折れた、折り畳み傘
ーー溢れだす水のヴォイス
なにか恥ずかしくて、心から正直にはいられないけど、
正直に生きるのは清々しくて好き。
だから「正直にいうと」を都合よく使っている。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
1度で2度おいしいのが理想だ。