頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

クリエイティブとスシ #84

f:id:noad2203:20190828234421j:plain

なにか作らないといけないとき
おもちゃ箱にモノを放り込むような感じで
ただ詰め込めばいいわけではない。
クリエイティブはむしろ
おもちゃ箱に「いれるもの」が問われる。

たとえば「最先端の携帯電話を作ってください」
と言われたとして、
電話、ショートメール、ゲーム、ミュージックのように
あらゆる機能があればいいのか。
スティーブ・ジョブズなら、”今”、どうするだろう」
そう考えればクリエティブの出口は近いかもしれない。

***

記事を書くときも、
「留学」とか「海外就職」とか
テーマが広すぎるからこそ
切り口を作る。

この考えはいわば
”回転寿司屋さんのようなもの”で、
頭の中に流れ続けるネタの中から
「これだ!」と思うものだけを取る感じに似ている。

まあ、いろんなものを取りたくなるよ。
その気持ちは少し分かるけど、
そんなことはみんな、できるからねえ。
これは違うと「あきらめる」のがクリエティブなのさ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
愛とか正義とか、数少ないことばで語る。