頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

はじめに「言いたいこと」ありき #80

f:id:noad2203:20190825002814j:plain

なんやかんや、この「日記のようなもの」を書いているけど、
たまに書きたいことがなくて、
どうしようかと頭をかかえることがある。

そんなときは、
「このフレーズを使いたい」という想いで、
書くようにしている。
「書かなければならないメッセージ」ではなく
「使ってみたいフレーズ」
とレベルを下げてあげて、文章を書く。

たとえば「氷の溶けたアイスコーヒー」とか「マリオ」とか
最近ブログで使った「ことば」というのは
単に僕が「言いたいだけ」だったのだ。
語呂や響きが良いから、
そんなフレーズを
文章の中で使ってみたい。と思った。

こうするのは、僕だけじゃない。
たとえば山崎まさよしの「セロリ」って、
「セロリ」っていうフレーズを
間違いなく「言いたいだけだ」と感じませんか。

意外と「書かなければならない」を「使ってみたい」
に変えることで、視点がほぐれ
文章は書けるものですね。
それにはじめに「言いたいこと」ありきで
「好きなフレーズ」を使ったなら、
好きな文章になるだけに
「しっかり書こう」と思えるものだ。

社会人として企画に携わるなら、
自分に「言いたいだけやん」ってツッコミくなるような
「ことば」が役立つことを覚えておこう。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
フィリピンでの生活も折り返し。