頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

歯をむき出しにしてわらってる #74

f:id:noad2203:20190818201032j:plain
いきなり病気になった。
何をするわけでもなく、部屋のベッドの上で眠りにつく。
誰とも会わないまま、1日を終える。
そんな日が3日続いた。

ようやく体が軽くなってきて、
寝ること以外に
僕がはじめに「したい」と思ったことは、
バラエティを見ること。
人志松本のすべらない話をみたい。」
まずそう思った。

どうしてぼくは「すべらない話」をみたかったのかな。
えっと、笑っているひとをみたかったんだろうな。
「笑い」というのは、希望だ。
ブルーハーツ甲本ヒロト
ガキの使いやあらへんで!」をみて、
自殺を思い止めたのは有名な話だ。
「笑い」が人びとに希望を与えるのはあると思う。

真っ暗な部屋の中で
体だけではなく心までが疲れ
不安になっていた。
「明日からがんばれるかな・・」
だからこそ「笑い」に希望の光を見出したかった。

その上でいえば、
自分が笑っていなくてもいい。
僕たちは「笑っているひと」をみるだけで、希望を感じられる。

「すべらない話」で一人ひとりの芸人が
歯をむき出しにしながら、大きく手を叩き、
ときにはテーブルを叩いて「おもしろい!」という感情を爆発させる様子。

そんな様子をみるだけで、希望を感じられる「笑い」だからこそ、
僕は心から求めた。
「明日からもがんばろう!」

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
「歯をむき出しにしてわらってる」姿は、みていて気持ちいい。