頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

孤独って、いいかもしれない? #68

f:id:noad2203:20190811204013j:plain

オーストラリアでのインターンを思い出そう。
おそらく人生において、
最も孤独を感じた瞬間。
知り合いはほとんどいない。
かといって、新しい友だちもいない。
僕には、友達を作る勇気と元気がなかった。

仕事が終われば家に帰って、
シェアハウスのひとたちと話をするわけでもなく、
ひとりで公園に足を運ぶ。

孤独だと感じていたときほど、
「ひとり」になりたいもんだ。
たぶん、周りにひとがいて、
楽しそうにしているのを見ていられなかったし、
孤独に耐えきれなくて
泣きそうになっている顔を、
見られたくもなかったからだろう。

ーー僕たちは、孤独だ。
この事実はひとが生きる上で、避けては通れないルールのようなもの。
「僕たちが、いづれ死ぬ」というのと同じで、
孤独じゃなさそうな人も、実は孤独なのだ。かなしいけどね。

***

そんなオーストラリアでの生活から、1年以上経った。
今でも当然「孤独」であるけれど、
前のように悪いイメージばかりではない。

僕たち「生きもの」が一緒に生きるのも、
”孤独”が理由である気がしていて、
だからこそ支え合うため
手を取り合い、つながるんだと思う。

特に自分の「孤独」を認知しているひとほど、
周りに対してやさしくなれるなあ。

「僕たちは孤独であるおかげで
人とつながる喜びを得られる。」
そう思えば
孤独って、いいかもしれない?

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
孤独であるときの自分が、偽りのない自分だと思う。