頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

調整さん #64

f:id:noad2203:20190808233324j:plain
歩む道を切り開くひとと、
その道を歩むひとたち。
大きく立場と役割が異なる。

組織というのは立場が違えば、
対立を生む。
仕方がないのかなあ。

歩む道を切り開くひとは
そのひとなりに、気を配る。
その道を歩むひとたちも、
そのひとなりに、気を配る。
10を失ってもいいから、
手に入れたい1のために、対立してしまうのだ。 

組織は、この2つのひとたちだけではない。
実は「調整するひと」というのがいる。
この「調整するひと」というのは
どっちの役割にもなり切れない。
なぜなら、どっちの気持ちもよく分かるからだ。

「なんで、言ってるとおりにできないの」
「なんで、分かってくれないの」
それぞれが、それなりに”無理”した上で言っているのが分かる。
だから「まあまあ、そうだよなあ」って、
困った顔をしたり、やさしい顔をしたりして
話をきくひとたちが
社会には大切なのだろう。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
個人的にはこの二者間の対立、
調整さんがいる限り、問題ないと思うなあ。