頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

無法地帯と呼ばれて #60

f:id:noad2203:20190804192606j:plain

いつから日本は、過剰なほど規則が増えたのか。
それとも僕が、
過剰に規則を感じるようになったのだろう。
「マナー」「ルール」「お約束」
いろんな名前があるけれど、
結局のところ
「規則に従え」というメッセージから、
日本にいると抜け出せない。

別に悪いことじゃないと思う。
それぞれの規則があることで、
人びとがスムーズに
生活を営める。

ただ過剰な規則に縛られると、
息苦しくなる。
規則に縛られることで、
ひとは周りに対しても同様に
その規則を求めようとするのだ。

そりゃあ、当然である。
優先座席を譲るようにしていれば、
他人にも同じようにしてほしい。
規則は”みんな”のものだから。
それでも、そういう「規則の押し付け」って
声に出してできないでしょう。
ただ言葉にできず、モンモンとしてしまう。
気分が、悪いよなあ。

***

フィリピンに来て
日本とは比べものにならないほど、
規則が少ないと思ってしまった。

ーー歩行者は、横断歩道を渡らなくてもいい。
ーー店員は、レジ対応を愛想よくしなくてもいい。
ーーみんなは、好きなときに大声で歌ってもいい。

まるで、無法地帯のようだ。

フィリピンにいると
「日本にある規則」が存在しないので、
押し付けようがない。
周りの人に、余計な気を配らなくて済む。

ほとんどの問題なんて、どうでもいいことなのに、
心の中で規則にしたがって、周りに牙を向ける。
牙を向けたいんだろうな、どうしても。

規則に縛られないフィリピンでの生活が
すごく気持ちいいことに倣って、
日本で生活するときも
「規則を理由にするのは卑怯だ」
ということにしてしまおう。

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございました。
僕のブログには、全くの規則がありませんように。