頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

あやしい者ではありません。 #57

f:id:noad2203:20190731233606j:plain
最近ふと僕は
「人に気を使って生きているんだろうな」
と思う。
それは、まわりから変だと言われるからだ。
「変なひとなりに、気遣いすべきことがある」
と僕は思っている。

***

「変なひと」と「あやしいひと」はまったくの別物だ。
「あやしいひと」は不審な行動をとったり、
気味が悪いと思われたりする。

僕は「変なひと」であると思うけど、
「あやしいひと」だと思ってはいない。
それは、僕がまわりに気を使って、
できるだけ不審と思われないよう、
努めているからだ。

「これ言ったら、変だと思われないかな?」
と考えるのはあたりまえ。
電車の中で2人席に座るときは、
すでに座っているひとに向かって、
「あやしい者ではありません。」
と言わんばかりに、
笑顔で会釈したのちに座るようにしている。

ラーメン屋に行くときも、
いつもの2つうえのトーンで
「しょうゆラーメンお願いします♪♪」
と青年のような笑顔とともに、頼むようにしている。

これは、さすがに
「安心してください。僕はまじめな大学生なんです…!!」
と伝えられないからこその、処世術だと言えよう。

「変なひと」は気遣いをしないとき、
間違えれば「あやしいひと」になりかねない。
だから「変なひと」なりのマナーを守るのだ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださり、ありがとうございました。
頭の中で『天気の子』が駆け巡る。