頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

自覚しよう、ぼくらはホニュウルイだ。 #23

f:id:noad2203:20190625224924j:plain
飲み会などの別れ際で、握手を求めることがある。

これは、高校生のときに、
ある同級生の男子が
毎日、会うたびに握手を求めてきたこと。
このマネなんです。

今では、すごく仲の良い友だちだけど、
高校生のときに、ほとんど話をした記憶がない。

握手をすることで、その人の温度を感じれば、
言葉はなくても、心はつながる。
そんなふうに仲良くなったし、そんなふうなことを学んだ。

***

僕らは人間である前に、ホニュウルイであることを自覚しよう

中学生のとき「生物」の授業で、
ヒトが哺乳類の”動物”であることを知ったとき、
違和感なかったですか?

イヌや、イルカと同じ哺乳類だけど、
全然違うじゃないか、という疑いがあった。
でも、僕らは間違いなく、哺乳類の”動物”である。

イヌ同士が触れ合うように、僕らも触れ合うことを増やせたら良いなー

***

手じゃなくても、腕でもいいし、頬でもいい。

そのひとが、どんな温度をしているか、
っていうのがわかれば、
「1人じゃない」って思えて、
もう少しその人のことを、想えるんじゃないかな。

そうすれば、なんか嫌なきもちになったとしても、
「まぁ、いっかー」って思えるはずです。
うれしい気持ちになれば、もっと
「やったー」って思えるはずです。

大半のことにね。

触れることで感じるぬくもり、
これに勝るコミュニケーションはないと思いました。

自覚しよう、ぼくらはホニュウルイだ。

 

今日も「頭サビ9割」に来てくださって、ありがとうございます。
オンラインでつながるだけでなく、直接話ができたらいいな。握手して。