頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

You're not Only, but Lonely. #9

f:id:noad2203:20190612153620j:plain

 自分がひとりであることは紛れも無い事実だ。独り。そのことに気づいている人もいれば、まだ気づいていない人もたくさんいる。

ーーー

 ぼくは、ひとりで夜を迎えると、すごく寂しい気持ちになる。意味もなく、SNSをみる。それは「自分がひとりじゃない」と思いたくて。社会と繋がっていることを実感したいからだ。更新されているはずの無い頻度で、LINE、TwitterFacebookInstagramを繰り返し観て、ちょっと疲れれば観るのをやめる。

この寂しさは、こんなことをしても紛れない。もし隣に誰かがいたときは寂しくないけど、ずっと誰かが隣にいることなんてない。人はひとりである。独り。高校卒業してすぐ、留学したときに、僕はこの事実とはじめて向き合った。

 この事実を知らないひと、意外と多い。例えば、就活で「一緒にがんばろうね」と、友だちと約束したとする。だからって、友だちが先に就活を終えても、文句を言っちゃいけない。自分が上手くいってないときに、友だちは上手くいって、何ひとつ助けてもらえなくても、文句を言っちゃいけないのだ。それは結局、人はひとりだから。

ひとりであることは「独り」であり「自分の人生の責任を、自分で負う」と明らめることだ。

ーーー

 「夜に寂しくなること」だったり、「自分の選択を人のせいにしないこと」だったり、人がひとりである以上、知っておくべきことがいくつかある。その前に、まず「自分がひとりである」を知っておこう。

 糸井重里は、

Only is not Lonelyだと書いた。

僕なりに言えば、

You're not only, but lonely.かもしれないね。

『ボールのようなことば。 』糸井重里,東京糸井重里事務所, 2012/5/8,p238.239