頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

MENU

「日記のようなもの」について

「ひとの悩みの99%が人間関係である」 ということばがあるように、人と関わるうえで生まれるモヤモヤした想い。モヤモヤは溜まっていくほど”悩み”として深刻化していくのです。そこで僕は「日記のようなもの」をつけることにしました。「考えること」を通してモヤモヤを消し、学びに変える。そんな学びが、みなさんにとっても価値があると願いながら、毎日投稿しています。

FB「笑い」をのせる

若いとき、特に怒られるのはいやだ。年をとっても、怒られるのはいやだけどね。それでも若いとき特有の「自我」があって、先輩からFB自体にいやな顔をしたくなる。それでも、ふと振り返ればそのFBがタメになっているとおもう。だから、ほんとのことを言えば…

手作りカレーライス。

・子どもの頃を思いだす。 息苦しい世の中だなあ。心がキュッとなってるよ。明日で人生が終わるとおもって、生き急いでるみたいに。<なんでも、うまくいかないといけない。>そんな前提をもって、完璧に生きようとしている。だから、うまくいかなかったら、…

営業の捉え方

・営業としての誇り なぜだが、営業をしている。ほんとはこの会社に入ったのも、営業がしたくなくて入ったはずなのに(コンサル会社なので、コンサルタントになれば営業せずに済むと思っていた)。そんな営業部署に配属されてから、1年が経とうとしている。…

友だちが減った

・減ってもいい。 大学時代の友だちと飲んでいて「友だち」について話をした。そのひとは言う。<うち、友だち多いと思ってたけど、いまほんまに友だちやと思えるん、めっちゃ少ないわ。>その話を聞いて、他人事ではないなあとおもった。気づけば、ぼくも友…

自由であることの責任

自由という、抽象度が高くひとによって捉え方が異なるもの。政治学や哲学などの学問によっても、その解釈がそれぞれ違う。とはいえ多くのひとにとって、自由とはざっくり「何かに縛られることなく振る舞えている状態」として認識されているとおもう。 中学生…

変えられるかもしれない

少し前に「前進するための考え。」という記事を書いた。その内容は、「問題が発生したときはその要因を変えられるものと、変えられないものを分けよう。そして、変えられるものに注力しよう」という話だった。 いま、その内容に付随してこんなことを思ってい…

意義とか、プロフェッショナルとか。

「なんのために、その仕事してるんですか?」って、いきなり聞かれたらどうしよう。自分としては納得しているはずなのにに、仕事の意義を伝えられない。いや、自分なりに伝えているつもりで、伝わっている気がしない。 仕事の意義というのは、しているひとに…

数字くん

いま、1ヶ月限定の研修をしていて、その研修のリーダーに選ばれた。ほかのリーダーも同じく同期である。そんななか今日、同期から言われた「ひとこと」は決して忘れないだろう。ーー数字くん。研修だから数字にコミットした結果、ぼくのチームは1番だ。その…

本質以外

・細かいことというのは、言い始めたらキリがないのものです。 いま1ヶ月だけリーダーという役割をしていて、メンバーの育成にかじっています。特に営業に関しては、細かい所作において改善の余地がごまんとある。それらをすべて洗い出し、一つひとつ指摘し…

Ephemeral

・主な意味:つかの間の、はかない、一日の命の、一日限りの、短命な。 儚さ。なんだか、別れを繰り返している気がする。出会いの「新陳代謝」が良すぎるのかもしれない。気のせいだったらいいのだけど、その過程で誰かを傷つけている気もする。 空虚さ。今…

前進するための考え。

・ーー問題が発生したときに、変えられるものと、変えられないものを分けて考える。僕の会社では、なにより、その前提のもので物事を考えることが多い。 たとえばトラブルが発生したときに、その発生要因を洗い出す。いくつかある要因というのは、自分の行動…

重箱くん

いま、重箱の隅をつつかれるような経験をいくつかしている。それ自体気分がいいものではないけど、その気持ちがわからないわけではない。「じぶんは、そんなことしないでおこう」という学びがあるだけ、そんな出来事があっても悪くないのかな。 あと、けっき…

チームリーダーの品格

・自分がチームを率いていたとして、そのチームが1位に位置していたとき。その際にリーダーに求められる基準は、とてつもなく高い。個人か集団かにかかわらず、成果を残しているひとを、穿った目で見るひとはいる。それも対象が1位になれば、その眼差しはひ…

僻み

1番であるためには、誰よりもルールを守らないといけない。たとえどれだけ結果を残しても、ルールひとつ破るだけで、その結果は評価されない。ルールを守ることは、自分を守ることになる。少し効率を落としてでも、ルールに対し意識する時間を設けたほうが良…

アクションの前に大事なマインド形成

・なんでもかんでも、いっきにしようとしない。 何事もステップに従い、どんどんとできる幅を広げていく。当たり前のことだが、なかなかむつかしい。というのも多くの初心者が、どこまではじめにすべきかがわからない。要は適切なステップに切り分け、アクシ…

決戦のあとに。

・決戦を終えたきもち。 清々しいなかに、さみしさがある。思い描いていたように進んでいき、終わりを迎える頃にはさみしくなっていた。戦いというのは、名残惜しさが出るほどに、ひたむきに、一生懸命なほどがいい。 DREAMS COME TRUEの『決戦は金曜日』と…

決戦は金曜日。

・決意表明。 ある瞬間のために、いろいろ準備してきた。それは意図して準備したものもあれば、そう出ないものもある。「すべては、あの瞬間のためだったんだな」と思えるくらい、意図せず準備したことがある。多くの友だちにも協力してもらった。いまも応援…

メンバーに鎌をかける

リーダーとして、賭けに出てみる。 とある研修があって、ぼくはリーダーを務めている。9チームのうち、1番を目指すのだけど、ちょっと大きなことを言っている。「私たちは1番になって当然」だとか「みんはすごいから、ぜったいにうまくいく」とか。そんなこ…

10分間のランデブー。

1番になると、周りからドヤが来る。大事なのは、そのドヤを冷静に捉えて成長に生かすこと。もしその状況でリーダーなら、決して焦ってはならない。寝るときに、その状況について考える。そして考えた上でのベストアンサーを次の日に当てる、本気でね。 正解…

親心

・節目節目に感じるもの。 歳をとったなあと思うのは、若いひとが大きな舞台にいると「頑張れ」と声をかけたくなること。若いときは、じぶんのことに必死だったし、まわりに対して敵対心も大きかった。だから声をかけるなんてことは、よほどじゃない限りなか…

運動会くらい疲れたリーダー初日

1ヶ月だけ、リーダーというポジションをやっている。 役職でいえば、課長さんみたいなもの?まだ、2年目なのにえらい大役だなあ…と他人事だった先月とは異なり、リーダーになった初日から苦労している。もう、呼吸が追いつかないような感じだ。苦労の源は圧…

理想の先輩

・あした、初めて後輩ができる。 正直なことを言うと、ちょっと緊張している。うまくやろうとしているから。でも、そういうときに張り切って、うまくいった試しがない。うまくいっているひとも、見たことない。空回りするものなんだね。 まわりから求められ…

ふざけ

毎週日曜日になると、すごく億劫になる。自分が何者でもない凡人だとおもっているときは、なおさらだ。「自分にあの仕事ができるのかな?」という疑問が出てくる。たいてい月曜日になれば「やるしかない」と覚悟が決まるのだけど、週末はいつもふにゃふにゃ…

他人事が吉

いま、ひとの力を借りまくっている。自分にとってすごく重要なことで、自分だけではどうにもならないこと。そんな問題をまわりのひとにきいて、どうにかならないかと模索している。 アドバイスという形でひとに力を借りるとき、”他人事の意識”が実は役立って…

見るものを変える

・バラバラと書く。 過去の経験を活かす際に、どうして「うまくいかなかった」理由を分析するのだろう。むしろ「うまくいった」理由を分析したほうがいいのかなあとおもう。これは、どちらがいいわけでもないかもしれないが、どうしても前者に陥りがちだ。き…

『田園』

YouTubeにあがっている、玉置浩二が『田園』を歌っている動画。それも、路上で歌っている。その動画が撮影されたときは、おそらくすでに大物歌手で(動画の冒頭は玉置がオープンカーに乗っているところから始まる)路上で歌うことが珍しい。その珍しさに玉置…

ブルーベリー味のチーズーケーキ

大事なものなんて、ほとんどなくて、どうでもいいと思えることがほとんどだ。だからほんの一握りの大切なものを、得たときは嬉しいし、失うときは辛い。 文章をひとつ送ろうとするだけで、その意味をどう捉えられるか考える。そしてその文章を送ったとして、…

うまくいかないことを積み重ねた先に。

・まあ、うまくいかないなあ。 そんなことを言っているのは、実はぼくだけじゃないんです。ミーティングに入ることは、怒られに行くようなもの。アウトプットを出せば、クオリティが低いと指摘される。同期はみな、同じような経験をしている。 それはひろく…

高い基準の第一歩

・高い基準で。 「基準」というのは、あたりまえのレベルのことだ。その基準が高いほど、あたりまえのように出すアウトプットの質も高くなる。だから基準の高さとは、瞬間風速的な凄さではなく、継続的な凄さによって生まれるのだ。 では、基準が「高い」と…

手段じゃない「ありがとう」

・意外と、みんな「ありがとう」を言わない。いや、これはぼくも、意識しないとできない。 あるひとは「ありがとうって言うことが、ありがとうって言われていることだ」って書いていた。それはひとつの「ありがとう」が別の感謝を誘発しているんだよね。「お…