頭サビ9割

頭サビ9割

〜自分と向き合う時間〜

3つのコンテンツ

演じるキャラ

・初対面のひとと話すとき、自分が何者かを伝えなければならない。自分がどこからやってきて、何をしてきて、どんなふうなセンスを持つか。ぼくはそれらを話すとき、相手によって「見せたい自分」を切り取ることがある。出身地や成績などは事実だとしても「…

「生産性」はクリエイティブの敵。 #308

・ぐるりとnoteをみていたら、いきなりハッとした。 クリエイティブにとっての最大の敵となることば、それは「そんなことやってる場合じゃない」だ。 このことばは非常な説得力をもって他者を縛り、窒息させ、つまらなくしてしまう。クリエイティブを、たの…

新橋のサラリーマンになろうよ! #307

ついに、緊急事態宣言が発令された。その実態やタイミングについて、話せるほど詳しくないけれど、まずは良かったと思っている。そのうえで、本格的に長い戦いが始まる気がして身が引き締まる。相手は見えない敵だから、ちょっとした油断が命取りになる。 そ…

「大学生らしさ」と「社会人っぽさ」の狭間で。 #306

・気がつけば社会人だ。一丁前にも私立の某マンモス大学に通い、休学して海外でインターンをしたり、留学したり。ああ、あの日々が懐かしい…と振り返るのも束の間、朝早くから銀座にあるオフィスで研修を受けている。それでもやはり、気分はまだ大阪の茨木に…